2010年10月21日

1歳出資馬、フェリークの09

フェリーク09 カタログ3.jpg

フェリークの09 牝 鹿 2009年2月8日生

父 *ファスリエフ × 母 フェリーク (母父 *サンデーサイレンス)

厩舎 清水 出美 厩舎予定

生産 ノーザンファーム 

育成 ノーザンファームYearling → ノーザンファーム早来
 
所属 キャロットC

フェリーク09 カタログ_0.5.JPG

〜カタログコメント〜
全欧2歳チャンピオンに輝いた天才肌の父の産駒らしく、成長度の高さが目に付く一頭です。品の良さとしなやかさに優れた母系に、スピードとパワーに秀でた父との配合が上手くマッチし、両者の特長をバランス良く取り入れた馬体となりました。寒さの残る季節から毛ヅヤが冴えていたように新陳代謝の良さは折り紙つきで、休むことなく夜間放牧を続けられる心身両面のタフさも特筆ものです。放牧地では伸びやかさと力強さを兼ね備えた走法を披露しており、父同様に2歳戦から能力を遺憾なく発揮し、芝・ダート問わない活躍が期待できます。

〜近況〜
9/10 NF−Y空港

馬体重:450kg  体高:156cm  胸囲:174.5cm  管囲:19.9cm

フェリーク09 100930_0.5.JPG

9/30 NF−Y空港
馬体重:462kg  NF早来への移動に備え、1日1時間のウォーキングマシンと日中放牧を行っています。ここ最近は蚊の大発生の影響もあり夜間放牧を取りやめていますが、夏場にしっかりと放牧を重ねてきたことで馬体は一回り大きくなり、芯が通ってくるなど全体的にしっかりとしてきて逞しくなりました。洗い場での馴致も最初から平然としており、環境の変化に動じない強いハートを持っています。今の感じからNF早来での騎乗運動へもスムーズに移行することができるでしょう。

10/8 NF早来

本格的な育成を行うため、NF早来へ移動しました。

******************

今年のキャロットで最優先枠を活かして出資が決定。
母のフェリークは、入会前に社台経由で送られた来たカタログで、サンデーサイレンス産駒として注目していた1頭。現役時は活躍はできませんでしたが、血統の良さで繁殖入り、そしてこの仔は初仔になります。

母の弟には、同じくキャロット所属のロールプリンシパルがいます。
自分の中でも期待した馬で、デビュー戦の事故は今でも無念。
フェリーク09には、伯父の分も活躍してくれることを願っています。
そして管理予定の清水出美先生には、不完全燃焼の現役生活だったウキフネのリベンジも少し期待しています。
早期デビューから短距離路線での活躍を期待しています。
posted by いっひ at 01:12| Comment(0) | フェリークの09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

1歳出資馬、アドマイヤマカディの09

アドマイヤマカディ09 カタログ3.jpg

アドマイヤマカディの09 牝 栗 2009年2月9日生

父 アグネスタキオン  × 母 アドマイヤマカディ (母父 *ノーザンテースト)

厩舎 橋田 満 厩舎予定

生産 ノーザンファーム 

育成 ノーザンファームYearling → ノーザンファーム早来
 
所属 キャロットC

アドマイヤマカディ09 カタログ_0.5.JPG

〜カタログコメント〜
精密なまでに無駄のない骨格を柔軟で良質な筋肉が覆う馬体は、亡き父のアスリート能力をきっちり受け継いでいることが容易に想像できるデキになっています。常に黄金色の輝きを放つ皮膚は、強靱な内臓の持ち主であることを証明しており、環境の変化に戸惑うことなく様々な事象に順応していく賢さは、競走馬として大成するのに大きなアドバンテージになるはずです。2歳G1を制し、古馬になっても活躍し続けた兄を持ち、絶対的な能力の違いで他馬を圧倒した父の仔ですので、2歳戦からの始動で桜街道を突き進んでくれるはずです。

〜近況〜
9/10 NF−Y空港

馬体重:459kg  体高:156cm  胸囲:179cm  管囲:19.6cm

アドマイヤマカディ09 100930_0.5.JPG

9/30 NF−Y空港
馬体重:472kg  NF早来への移動に備え、1日1時間のウォーキングマシンと日中放牧を行っています。きっちり放牧をこなすことで基礎体力をしっかり養えたようで、今夏は暑い日が続きましたが、堪えた様子はいっさいなくカイバ喰いは相変わらず旺盛です。すでに洗い場での馴致を済ませましたが、順応力の高さ、聡明さは1歳馬の中で目立っており、この分なら育成厩舎へ移動してから開始する背馴らしやその先にある騎乗運動においても人間の手を煩わせることはないでしょう。

10/8 NF早来

本格的な育成を行うため、NF早来へ移動しました。

*********************

残り2世代となったアグネスタキオン産駒。社台・サンデーでは今年も縁がなく、ユニオンでもネームヴァリュー09の出資を逃してしまったので、キャロットでは良い馬がいれば出資したいと思っていました。
今年は関西に良い馬が集まってくれ、その中でもラインナップ時からの気になる1頭で、タキオン産駒と相性の良い、姉と同じ厩舎なら文句なしでしたが、橋田厩舎でも全く問題なし。遠い兄のアドマイヤコジーンが縁の委託でしょう。

雄大な馬体も素晴らしく、脚元さえもってくれれば、走ってくれるはず。待望の栗毛のタキオン産駒、活躍を期待しています。
posted by いっひ at 01:00| Comment(0) | アドマイヤマカディの09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

1歳出資馬、ホワイトカーニバルの09

PEGASUS 33
父スズカマンボ × 母ホワイトカーニバル

カタログ 1.jpg

牝 黒鹿毛 3/18産まれ グランド牧場生産 関西(角居勝彦厩舎)入厩予定

所属 ユニオンOC

〜カタログポイント〜
母はフェアリーSを制した快速馬。豊かなスピードが武器だったが、エーデルワイス賞(ダート1800m)で2着、クイーンC(芝1600m)で0.1秒差の3着したことからも、一介の短距離馬ではなかったことがわかる。スピードを身上に中距離をこなすスタミナを持っていたと思われる。本馬は父にスズカマンボを迎えたことで、グランド牧場生産馬同士のロマン溢れる配合となった。各パーツがしっかりしたつくりで、牝馬ながら、堂々とした馬格の持ち主だ。踏み込みの一歩一歩は力強く、血統的には芝向きかもしれないが、力でダートをこなしても不思議はない。中距離前後で決め手を活かすタイプだろう。

〜生産者からのPR〜
母は現役時代スピードを活かし、フェアリーSに優勝した活躍馬です。今回は距離に融通性を持たせたいと思い、当牧場生産で天皇賞を制した父を配合しました。本馬は骨量が豊富で力強く、前後躯のバランスがとても良い。管理予定の角居調教師からも「全体的に非常にバランスが良く、雄大な馬格をしている」と高く評価されています。父から持久力と瞬発力、母からスピードを受け継ぎ、幅の広い距離での活躍を期待しています。

=================================

募集時に即尺がわからないユニオンでは、募集開始から申込をした馬はいなかったのですが、この馬は天下の角居厩舎で、母は重賞勝ち馬でG1にも出走した名牝。満口になりそうな予感がしたので早々と申込しました。
当てが外れてまだ残口があるようですが、順調に成長しているようですし、12月には売り切れるでしょう。
近親のゲッカビジンはまだ活躍できていませんが、堅実な母系はやはり魅力。
応援しているグランド牧場の夢の配合で、牧場を代表する名牝になれるような活躍を期待しています。

pegasus33_tour.jpg
2010年6月セレクトツアーにて

〜近況レポート〜
●グランド牧場で当歳時から夜間放牧を行い、体を芯から鍛えている。角居調教師が「非常にバランスが良く、雄大な馬格をしている」と高く評価されている本馬。春先から完成度は高かったが、記録的な猛暑が続いた夏にも負けることなく、ひと回りスケールアップした。全体的に筋肉が付き、前後躯ともバランス良く成長している。グッと馬体の厚みが増した印象だ。マネージャーも「馬体に実が入ってきて、更に馬が良くなってきました」と話しており、ここまでは順調そのもの。なお、早期デビューを目標に、近くブレーキングを開始する予定。目指すは、全兄がハナ差及ばなかった新馬勝ちだ。 (9/20、現在)

pegasus33_1008.jpg
2010年8月
posted by いっひ at 02:06| Comment(0) | ホワイトカーニバルの09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。