2011年10月05日

9月のサファーガ、今は下地作り

サファーガ

9/6 NF早来

週3回は屋外周回コースでハロン20秒程度のキャンター2400mの調整を行い、週3回は屋内坂路でハロン17秒程度のキャンター1本の調整を行っています。「一時期は両前脚に疲れが見られたので大事を取ってマシン運動などに落として様子を見ていましたが、その甲斐もあってだいぶ癒えてきました。それにともない再度乗り出していて、コースと坂路での調教をうまく織り交ぜながら乗っています。まだ様子見の段階ではあるので、今後も変化がないかをよく見ながら乗っていきます。馬体重は490キロです」(早来担当者)

9/13 NF早来

週3回は屋外周回コースでハロン20秒程度のキャンター2400mの調整を行い、週3回は屋内坂路でハロン16〜17秒程度のキャンター1本の調整を行っています。「馬場とコースを1日ごとに織り交ぜながら乗るようにしていますが、坂路でのキャンターは少しペースを上げて15−15の一歩手前のところを乗るようになっています。調教のペースアップにも難なく対応できており、仕上がりも順調に進んでいるように感じますね。具体的なことはこれから上がっていってどうかという点を見ながらになるでしょうが、うまく乗り越えてくれれば移動などの話も出てくるようになるかもしれませんね」(早来担当者)

9/20 NF早来

週3回は屋外周回コースでハロン20秒程度のキャンター2400mの調整を行い、週3回は屋内坂路でハロン16〜17秒程度のキャンター1本の調整を行っています。「現在の馬体重は497キロで、乗りながら体が増えているのは悪くない材料でしょう。ただ、この血統は見た目ほど中身が追いついていないことが多く、この馬自身も毛ヅヤに浮き沈みがあり、時折皮膚病が出ることもあるんです。そのように内臓面がまだしっかりし切れていない状況ですから、しばらくはじっくり乗り込んで中身からしっかりしていけるようにしたいと思っています」(早来担当者)

9/27 NF早来

週3回は屋外周回コースでハロン20秒程度のキャンター2400mの調整を行い、週3回は屋内坂路でハロン16〜17秒程度のキャンター1本の調整を行っています。「調教の内容はいい意味で変えておらず、じっくり動かしています。今は本格的な調教を行っていくための下地作りに専念している段階ですし、中身からしっかりさせるためにも今は焦らないように注意しています。しばらくはこのくらいの調教をベースにし、その後は16−16、その後に15−15を取り入れたのちに速いところをやり出すというのが大まかな流れとなるでしょう」(早来担当者)

10/4  NF早来

週3回は屋外周回コースでハロン20秒程度のキャンター2400mの調整を行い、週3回は屋内坂路でハロン16〜17秒程度のキャンター1本の調整を行っています。「中間に皮膚病が出ることこそありましたが、脚元などは問題なく、感じは悪くないですね。ただし、兄姉の傾向を見てもわかるように、じっくり進めて中身からしっかり固めてあげた方が馬の素質を発揮しやすくなるはずです。体質面が気になることが多かったですからね。内臓面からしっかりしてくれば、能力に見合うだけの走りができやすくなるでしょうから、今は下地作りをしっかり行って、その上で具体的な話を調教師としていければと考えています。馬体重は514キロです」(早来担当者)

***********************

両前脚の疲れは回復し、運動再開しました。
それでも、時間はまだまだかかりそうですね。
橋田厩舎の有力2歳馬は、そろそろ移動が始まっているようですが、この仔は早くても年明けくらいかなと思います。
なんとか後戻りないように進めてくれればと思います。

admiremcardy09_21.jpg

admiremcardy09_22.jpg
2011/9/15 NF早来
posted by いっひ at 00:58| Comment(0) | アドマイヤマカディの09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エスキナンサス、今度こそ運動再開

エスキナンサス

2011/9/9 NF空港

現在は週4日は周回コースで普通キャンターを3000m、週2日は屋内坂路でハロン18秒のキャンターを2本消化しています。脚元の様子をみながら、徐々に負荷を強めていますが、問題ありません。この中間から開始した坂路調教でもスムーズなキャンターをみせており、このまま進めていけそうです。現在の馬体重は499sです。

2011/9/22 NF空港

現在は週4日は周回コースで普通キャンターを3000m、坂路でハロン18秒のキャンターを2本消化しています。脚元も問題なく、休むことなく調教を消化できています。長めの距離を乗り込んで、馬体もしっかりしてきましたが、まだ緩さが残っています。さらに乗り込んで鍛えていきます。現在の馬体重は502sです。

***********************

9月は骨瘤も治まり、通常メニューになりました。
乗り不足でもあり、移動まではまだまだ時間がかかると思いますが、順調に進んでほしいと思います。

84117_00063154.jpg

84117_00063155.jpg
2011.09.04 NF空港
posted by いっひ at 00:54| Comment(0) | エスティメーションの09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サンビスタ、角居厩舎へ入厩

サンビスタ

●9/5 引き続き、屋外のダートコースでハロン20秒のキャンターを2000〜3000m、週1回は終いの3ハロンから15-15を乗っている。ここまで速めの調教を行ってきたことで、見た目には引き締まってきたが、馬体重はしっかりと維持。着実に馬体に実が入ってきた印象だ。今後もしっかり乗り込み、更なる良化を促していく。
●9/20 9月8日にグランド牧場遠野ステーブルへ移動。環境の変化に戸惑うこともなく、普通キャンターで入厩への最終調整を行った。その後、21日に栗東トレセンへ入厩することになったため、昨日の夜に既に遠野ステーブル出発している。
■9/21 本日、栗東トレセン入厩。

■9/28 角馬場⇒坂路(普通キャンター)⇒E(ゲート練習) *ややうるさいところは見られるものの、入厩後も順調に調整しており、既に先週からゲート練習を行っている。坂路を駆け上がった後、本日も2本ゲート練習を行う。入り・駐立は問題なかったが、2本目のダッシュが若干遅かった。もう少し練習を積んでからゲート試験に臨む。「順調にゲート練習も行っています。ちょっと変な余裕がまだあるからなのか、ゲート練習では両脇の僚馬を蹴ろうとするなどしていました。もっと緊張感があっても良いぐらいかなと思いましたので、今日は他も新馬が一緒に練習していたのですが、もっとゲートも速い古馬と練習させるぐらいが良いかもしれません。もう少し練習は必要だとは思いますが、試験クリアまではまず問題ないと思います。その先については、一息入れることも含めてまたその時に判断したいと思っています」(師)
■9/29 角馬場⇒坂路(普通キャンター)⇒E(ゲート練習) *本日は古馬と一緒にゲート練習。入り・駐立は問題なくこなし、古馬に比べると若干スタートは遅く見えたが、しっかり反応して出ていた。

**********************

ついにサンビスタが入厩しました。
まずは、ゲート練習のようですが、順調にこなしているようです。
そして、本日の報知ブログによると無事に合格したようですね。
委託馬の多い角居厩舎だけに、ゲート合格後は放牧か、またレースへ向かうにしても、じっくり滞在で仕上げるということは無理でしょう。
そういう意味でも、育成場でここまでじっくり乗り込めたことが好結果に結びついてほしいと思います。

Sambista_1109.jpg

Sambista_1109_2.jpg

Sambista_1109_3.jpg
2011年9月 栗東トレセンにて
posted by いっひ at 00:51| Comment(0) | ホワイトカーニバルの09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。