2012年02月25日

サファーガも入厩

12/13 NF早来

週3回は屋内周回コースでハロン20秒程度のキャンター2400mの調整を行い、週3回は屋内坂路でハロン14〜15秒のキャンター調整を行っています。「いいですね。先週から14−14も取り入れた調教を開始していますが、それ以降も脚元や体調に不安と思わせるような面が出てこないのはいいことです。これまでじっくり来たわけですからこのあとも焦りはしませんが、しっかりと乗り込んでいって次の話をしていけるようにしたいですよね」(早来担当者)

12/20 NF早来

週3回は屋内周回コースでハロン20秒程度のキャンター2400mの調整を行い、週3回は屋内坂路でハロン14〜15秒のキャンター調整を行っています。「順調に来ていますね。コンスタントに乗り込んでいますし、坂路でのハロンペースも維持したまま乗り込みを行えています。まだ動きや体つきなどを見ると良化の余地がありますし、これからもコンスタントに乗り込んでいって徐々に具体的な話ができるようにしていければと思っています。馬体重は492キロです」(早来担当者)

12/26 NFしがらき

24日にNFしがらきへ移動しました。「トレセンへの入厩に備えて、こちらに移動してきました。到後してから熱発などはなく状態は安定していますが、まずは軽めの運動で環境に慣らしていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

1/10 NFしがらき

周回コースでハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「昨年末こちらに移動後、馬体を確認してから乗り出しています。脚元は安定していますが、疲れの出やすいタイプではあるので、しっかりとケアをしながら進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

1/17 NFしがらき

周回コースでハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「先週末に軽い熱発があり、少しペースを落としました。今は乗り出せていますが、今週一杯は無理をさせず控えめの調教を行っていきます。脚元などは落ち着いており、体調が戻れば問題なく乗り込んでいけるでしょう。馬体重は499キロです」(NFしがらき担当者)

1/24 NFしがらき

周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「熱発はすぐに治まったので、週明けからは坂路調教も取り入れています。脚元も落ち着いていますね。徐々にペースを上げて入厩に備えていきますが、もう少しこちらで調整していったほうがいいでしょう。まずはしっかり15−15を乗れるように進めていきます」(NFしがらき担当者)

1/31 NFしがらき

周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先日の熱発の影響はなく、この中間は坂路でハロン15秒に近いところまでペースを上げることができています。まだ脚元が固まっておらず、疲れが溜まりやすい感じはありますから、しっかりとケアをしながら進めていきます」(NFしがらき担当者)

2/7 NFしがらき

周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も、坂路ではコンスタントに終いハロン15秒ぐらいのところを乗っています。脚元に関しては疲れが出やすいようなので、しっかりとケアをしながら進めているところです。順調に乗り込めていますので、そう遠くない入厩を視野に調整していきます」(NFしがらき担当者)

2/14 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行い、週1回は15−15を行っています。15日に栗東トレセンへ入厩する予定です。「明日の入厩が決まりました。コンスタントに15−15を乗れるようになってきましたが、脚元の状態は引き続き安定しています。トレセンの調教負荷がどう影響するかはなんとも言えないところですが、ここまでは順調に進められていますし、送り出す準備はできたと言えます。馬体重は495キロです」(NFしがらき担当者)

2/16 橋田厩舎

15日に栗東トレセン・橋田満厩舎へ入厩しました。16日は軽めの調整を行いました。「水曜日に無事入厩しました。今朝は環境の変化でちょっと緊張したのか軽くスクミのような症状を見せていたので、角馬場を中心として軽く体を動かしました。明日からは普通に乗り出していく予定です。まずはゲート試験合格を目標に進めていきます」(橋田師)

2/22 橋田厩舎

22日はゲート練習を行いました。「今朝は坂路を軽く上がってからゲート練習を行いました。先週見せていたスクミの症状はもうありませんが、ノドがゴロゴロ鳴るようになったので内視鏡で検査を行ったところ、DDSPとの診断でした。ノド鳴りではなく、若駒によく見られる一時的な症状ですし、様子を見ながら進めていきたいと思います。ゲートはまだ始めたばかりですが、今のところは問題なくこなしていますよ」(橋田師)

***********************

年末にNF早来からNFしがらきへ移動したサファーガ、その後も順調に進み、先週入厩しました。
入厩後にいきなりDDSPの症状が出たのは不安ですが、問題なく進んでいってほしいです。
牝馬のわりには馬格のある馬で、走ってくる馬だと思っていまので期待しています。
posted by いっひ at 13:49| Comment(0) | アドマイヤマカディの09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ハルシュタット入厩

ハルシュタット

12/13 NFしがらき

軽めの調整を行っています。「ウォーキングマシン、トレッドミルを中心とした調教メニューで体を動かしています。左前脚の骨りゅうは馬が気にする素振りもないのですが、場所が場所だけに大きくなって腱にあたると影響が出かねませんし、引き続き慎重にケアを行っていきます。これからはトレッドミルと騎乗調教を織り交ぜて体を動かしていく予定です」(NFしがらき担当者)

12/20 NFしがらき

周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「ここまで慎重に動かしてきたところ、骨りゅうが悪化する感じがないので、騎乗調教を再開しています。引き続きしっかりと状態を確認しつつ進めていきますが、年内中には以前の調教ペースに戻していきたいと思っています」(NFしがらき担当者)

1/10 NFしがらき

周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も騎乗調教を継続して行っていますが、骨りゅうの状態は安定しており、順調に乗り込むことができています。ただ、歯替わりがあって馬がピリピリしているところが見られるので、焦ってペースを上げず慎重に進めているところです」(NFしがらき担当者)

1/17 NFしがらき

周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先週に引き続き、周回コースと坂路でじっくりと乗り込んでいますが、骨りゅうが悪化することはありませんし、脚元も安定しています。清水出美調教師とも相談して、そう遠くないタイミングで入厩させるプランを検討しているところなので、こちらもそのつもりで進めていきたいと思っています。馬体重は492キロです」(NFしがらき担当者)

1/24 NFしがらき

周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も骨りゅうのケアを行いつつ乗り込んでいます。痛みなどはないのでしっかり乗れていますし、脚元の状態を見ながら少しずつペースを上げて入厩に備えていきます」(NFしがらき担当者)

1/31 NFしがらき

周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行い、週1回は15−15を行っています。「先週末に15−15をやってみたのですが、ゴールまでしっかりとした脚取りで思った以上に息遣いや筋肉ができて来たと感じました。その後も脚元は安定した状態を保っていますし、検疫次第では今週中の入厩も視野に入れていますので、そのつもりでしっかりと進めていきます」(NFしがらき担当者)


2/2 清水出厩舎

2日に栗東トレセン・清水出美厩舎へ入厩しました。

2/8 清水出厩舎

8日はゲート練習を行いました。「先週の入厩後は順調に乗り込んで、今朝からゲート練習を開始しました。ちょっと元気が良すぎるのか、普段のキャンターは行きたがるところも見せていますが、これもゲート練習にはプラスになりそう。さっそく消音の扉で出すところまで進められました。まずは環境に慣らしつつ、ゲート試験合格を目指します」(清水出師)

2/15 清水出厩舎

15日はゲート試験を受け、無事合格しました。「練習でゲートの雰囲気にもだいぶ慣れてきたので、今朝に試験を受けてみました。2回目は1頭だけだったこともあって、ゲート内でごそごそしたり、発馬の反応が鈍かったりしたのでちょっと厳しいかと思ったのですが、二の脚が速いことが良かったのか、無事に合格することができました。骨りゅうの状態などを見ながらになりますが、問題ないようならこのまま徐々にペースを上げていきたいと思います」(清水出師)

2/22 清水出厩舎

22日は軽めの調整を行いました。「今朝は軽いキャンター程度の調整を行いました。ゲート試験合格後、疲れが出るようなこともなく順調ですが、まだ脚元の骨りゅうも気になりますし、徐々にペースを上げていくつもりです。速い時計は来週あたりから少しずつ出していければいいと思っています。運動中も暴れるようなことはなく、素直で扱いやすいタイプですから、順調に進めていけるでしょう」(清水出師)

・WORK-OUT TIME
12/2/10(金) 助手 栗東 E・稍重 15.2 ゲートなり(-)
12/2/15(水) 助手 栗東 E・不良 12.9 12.4 13.9 ゲート強め(-)
12/2/23(木) 助手 栗東 P・良 82.6 - 67.9 - 54.0 - 40.5 - 12.5 馬なり余力(7)

***********************

2月になってハルシュタットがようやく入厩!
その後も順調でゲート試験も合格済。うまく進めばギリギリ新馬戦のある間にデビューできるかもしれません。
ただNFしがらきで発症した骨瘤の状態は完全ではなさそうです。
なんとかこのまま無事にデビューまで進んでくれればと思います。
posted by いっひ at 13:45| Comment(0) | フェリークの09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。