2011年07月31日

サンビスタ、産地馬体検査受検

Sambista1105.jpg
2011年5月 サンビスタ(スズカマンボ×ホワイトカーニバル by ミシル)牝2

●5/20 屋外のダートコースでハロン20秒のキャンターを2000〜3000m、週1回は終いを15−15で乗っている。全身運動がしっかりできているため、背中に筋肉が付き、一段と馬体にスケールが増している。騎乗者からも「背中がどんどん大きくなっている。この馬の器の大きさを感じる」と頼もしいコメントが聞かれる。なお、角居勝彦調教師は、本馬に対して2回目の産地馬体検査を受ける方針を示されている。

●6/6 6月からは15-15の距離を1ハロン延長。週1回は終い3ハロンを乗っている。距離を延ばしてからも変わらず余裕の手応えで走っており、また15-15を行うごとに闘争心も増している印象。今後も週1回は速めの調教を行い、本馬の持つ能力をより引き出していきたいところだ。なお、現在の馬体重は482s。

●6/20 引き続き、屋外ダートコースでハロン20秒のキャンターを2000〜3000m、週1回は終い3ハロンから15-15で乗っている。中間には角居勝彦調教師が視察に来場でれ、「前回見た時と比べて、順調に馬が良くなっているのが分かる」とコメント。今後もしっかりと乗り込んで、更なる良化に努める。なお、本馬は第2回産地馬体検査を受検する予定。

●7/5 引き続き、屋外のダートコースでハロン20秒のキャンターを2000〜3000m、週1回は終い3ハロンからの15-15を行っている。中間にはラスト1ハロンを13秒ペースに上げて乗ったが、普段通りの余裕のある手応えで駆けていた。今後も更なる良化を目指し、しっかりと乗り込んでいく。なお、6月22日に第2回産地馬体検査を受検した。

**********************

引き続き順調に進んでいるサンビスタ、第2回産地馬体検査を受験し無事に競走馬になりました。
早くもハロン13秒まで進んでいるようなので、後は角居師の声がかかるのを待つのみですね。

posted by いっひ at 14:12| Comment(0) | ホワイトカーニバルの09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月17日

サンビスタ、早期入厩も検討

pegasus33_spring.jpg
サンビスタ 2011年春

●3/22 3月の中頃からは更に運動量をアップ。軽めキャンターを3000mに延長している。調教後も息が乱れることはそれほどなく、汗もほとんどかくことがない。速めの調教を行えるだけの体力がついてきたといえそうだ。今後は屋外のダートコースを使い、更に心肺機能の強化を図る。

●4/5 3月からは屋外ダートコースでも乗り始めた。現在は屋内馬場で軽めに1000mほど乗ったあと、屋外に出て、ハロン24秒から徐々にペースを上げ終いはハロン20秒でキャンターを2000m。小回りの屋内馬場でもゆったりとした良いフォームで走っていたが、広い馬場では更に体を大きく使って走っている。今後は、早いうちに15-15を行えるように乗り込んでいく。現在の馬体重は480kg。

●4/20 現在は屋外のダートコースでダクを1000m、ハロン20秒のキャンターを3000m乗っている。4月前半よりもハードなメニューになっているが、他の馬に比べても汗をかく量が少ないように今くらいではまだまだ余裕がある様子。良い体力をしているようだ。この様子なら早いうちに早いうちに速めの調教を行うことができるだろう。

●5/6 引き続き、屋外のダートコースでハロン20秒のキャンターを3000m乗っている。先週末には終いを15−15で乗っているが、体をしっかり使った良い走りを見せていた。視察に訪れた角居勝彦調教師が「メリハリがつき、馬体が立派になっている」と話されていたように、馬体重は480kg台に乗り、一段と逞しくなっている。また、順調ならば2回目の産地馬体検査を受けるか、状態次第では6月中の入厩も検討する意向を示されていた。

**********************

結局今年は遠野での育成はないようですね。ここまでは僚馬ヘヴンリーカラーズと同じメニューで2頭とも順調です。
ただコメントにもあるように、デビューはサンビスタのほうが早そう。このへんはやはりグランド牧場と縁のある角居先生というのもありますね。

pegasus33_1102_2.jpg pegasus33_1102_3.jpg
2011年2月


posted by いっひ at 01:17| Comment(0) | ホワイトカーニバルの09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月21日

馬名決定『サンビスタ』

改めまして、東北地方太平洋沖地震における被災者の皆様には心よりお見舞い申し上げます。

先週の中央競馬は中止、そして3月中の中山開催の中止などで出資馬達の今週の出走はありませんでした。

そして本日延期になったフィリーズレビューを勝ったのは「フレンチカクタス」。
ユニオンからトライアルレースを勝つような馬が出て嬉しく思います。
出資者の皆様おめでとうございます。
逆に4着に敗れたドナウブルーは残念。まさかこれほどの素質馬が現時点で桜花賞に出走できないとは。

では滞っていた更新を少しづつ再開したいと思います。

pegasus33_1102.jpg
P33(スズカマンボ×ホワイトカーニバル by ミシル)牝2

馬名:サンビスタ Sambista

血統:
父 スズカマンボ
母 ホワイトカーニバル

意味・由来:
(葡)サンバを愛してやまない人。父名、母名より連想。


●2/21 引き続き、屋内馬場でダクを1000m、軽めキャンターを2500m乗っている。このところ背丈が伸びてきたように馬体の成長は顕著。また、キリッとした一面を見せることはあるが、気持ちに余裕が出てきたこともあり、ゆったりとしたフォームで走ってる。このまま、心身ともに成長を促しながら調教を行っていく。

●3/7 引き続き、屋内馬場でダクを1000m、軽めキャンターを2500m乗っている。前肢の出が良く、柔らか味のある走りは好印象。なお、速めの調教はグランド牧場遠野ステーブルで行う予定。着実に移動できる態勢が整ってきた感はあるが、具体的な指示が出るまで更なる良化を促していく。

**********************

遅くなりましたがユニオン出資馬も馬名が決定。やはり父母からの想像でした。
自分が簡単に送った「サンバカーニバル」も似ていたので決まった馬名には満足です。

そして、育成も順調でそろそろ遠野へ移動が近いようです。

グランド牧場遠野ステーブルは、人馬ともに無事とのことなので安心しました。

posted by いっひ at 18:09| Comment(0) | ホワイトカーニバルの09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。