2012年04月15日

サファーガ、6着デビュー

サファーガ

3/1 橋田厩舎

2月29日はゲート練習を行いました。1日はゲート試験を受けましたが、不合格でした。「ここまで順調に練習をこなしてきて、ほぼ合格レベルというところまで来たので、今朝試験を受けてみました。1頭だと駐立が不安定になってしまうようなので、隣に馬がいる状態を作って受けたのですが、残念ながら2回目に立ち上がりかけてしまったため不合格でした。スタート自体はかなり速く、普段のキャンターでもいい走りをしているので、ゲートさえ合格できれば思ったよりも早くデビューできそうですし、しっかりと乗り込みつつ再度の試験に備えていきます」(橋田師)

3/8 橋田厩舎

7日、8日はゲート練習を行いました。「この中間は、無理にゲートから出さずに出入りと駐立の確認を中心に、じっくりと練習を進めています。先週はゲート内で立ち上がりかかって不合格になったので、練習しつつもテンションを上げないように気をつけなくてはいけませんからね。水曜、木曜の練習では駐立もおとなしく、特に問題ないように感じました。並行してポリトラックコースでのキャンター調整もしていますが、相変わらず素軽い走りでいい雰囲気ですよ」(橋田師)

3/9 橋田厩舎

9日はゲート試験を受け、無事合格しました。「昨日までの練習で、駐立にほぼ不安がなくなりましたので、今朝試験を受けました。元々発馬自体は速い方でしたが、今日は寄り、駐立ともに問題なく、スムーズに合格してくれました。脚元に疲れが出やすいタイプでもありますので、このあとはしっかり状態を確認してから検討することになります」(中内田技術調教師)

3/14 橋田厩舎

14日は栗東坂路で追い切りました(54秒6−39秒8−25秒9−13秒1)。「今朝は坂路で併せて追い切りました。実質的に初めての速い時計でこれだけやれましたし、相手にもしっかり先着。思った以上に素軽く動けました。まだ脚元が固まっていない馬ですから慎重に進めていきますが、今朝の動きを見ても仕上がりにはそう時間はかからなそうです。非常にいいフットワークで能力を感じさせますし、そろそろデビュー時期を考えながら進めていきたいと思っています」(橋田師)

3/21 橋田厩舎

21日は栗東坂路で追い切りました(53秒3−38秒8−25秒3−12秒7)。「今朝は坂路で併せて追い切りました。先週も動きは良かったですが、やはり速いところを始めてさらにしっかり走れるようになっています。朝一番の馬場状態がいい時間帯だったとはいえ、これだけの時計が出るのですからね。来週あたりには使っていけそうな雰囲気ですが、まだ腰に甘さが残っている馬なので、平坦で馬場のいい福島まで待つのもいいのではないかと考えているところです。脚元も今のところ安定していますし、レースが楽しみですね」(橋田師)

3/28 橋田厩舎

28日は栗東坂路で追い切りました(54秒2−39秒8−26秒6−13秒7)。「今朝は坂路で追い切りました。時計はそれほどでもありませんが、脚取りはしっかりしていましたし、いい動きでしたよ。脚元も、追い切りを重ねてむしろ固まってきている印象で、ずいぶん安定しています。以前はトモのバランスがもうひとつに感じていたのですが、いいフォームで走れるようになってきたせいか、これもきれいに整っていますね。これなら来週あたりデビューを考えてもいいでしょう。レースについては確定ではありませんが、福島に牝馬限定の芝1200mという番組があるので、そこを本線に考えていきます」(橋田師)4月7日の福島競馬(3歳未勝利・牝馬限定・芝1200m)を視野に入れて調整していきます。

4/5 橋田厩舎

7日の福島競馬(3歳未勝利・牝馬限定・芝1200m)に松田騎手で出走いたします。

4/7 橋田厩舎

7日の福島競馬ではスタートで遅れを取ってしまい後方から。外目をまわりいい脚を使って追い上げてくるが6着まで。「今日はスタートに尽きると思います。初出走ということで馬もわかっていなかったでしょうし、経験のある馬たちとの差が出てしまいました。ただ、中が目立って悪いわけではないですし、経験を積んでスタートというものを理解してくれば解消するレベルなのではないでしょうか。レース前はとても大人しくて、本番となると気持ちもあります。賢いですし、非常に乗りやすい馬です。道中はハミも上手に取ってたし、気になるところはありませんでしたよ。最後もいい伸びを見せてくれましたし、走りから芝がダメとはもちろん思いませんでしたよ。素質のあるいい馬だと思いますし、チャンスは近いはずですが、権利を獲れなかったのは残念です。申し訳ありません」(松田騎手)「うーん、最後はよく伸びてきたんだけどね。前半で追走に手間取ったあたりは、初出走ということなのでしょう。正直に言えば5着が欲しかったところですが、初戦としては見どころのある内容でしたし、能力も再確認できました。まだ脚元が固まっていない馬ですし、トレセンに戻ってから馬体をしっかりとチェックして、今後どうするか考えていきたいと思います」(橋田師)待望のデビュー戦でしたが、初出走ということもあって既走馬との経験の差がスタートに出てしまっていい位置で競馬ができませんでした。権利を獲れなかったのは非常に残念でしたが、直線での伸びは目を見張るものがありましたし、通用する力を持っているのは確かでしょう。負担のかかりやすい脚元をはじめ、レース後の状態をよくチェックし、状況と照らし合わせながら調整過程を決めていく予定です。

4/11 橋田厩舎

11日は軽めの調整を行いました。「先週の競馬は、前半こそ追走に手間取りましたが、直線の脚には能力の片鱗を感じましたね。しっかりと走ったので脚元が心配でしたが、特に問題なく落ち着いています。ただ、長距離輸送後で少しカイバ喰いが落ちている感じもしますので、今週一杯は慎重に様子を見て、今後の方針を考えたいと思います」(橋田師)

・WORK-OUT TIME・
12/3/4(日) 助手 栗 坂路・稍重 60.8 - **.* - 30.5 - 15.5
スズカローゼ(古1000万)馬なりを0.1秒追走同入 馬なり余力(-)
12/3/9(金) 助手 栗東E・稍重 13.2 12.3 15.2 ゲートなり(-)
12/3/13(火) 助手 栗 坂路・良 60.5 - 44.8 - 29.7 - 14.9 馬なり余力(-)
12/3/14(水) 助手 栗 坂路・良 54.6 - 39.8 - 25.9 - 13.1
スズカチャンプ(三500万)一杯に0.5秒先行0.1秒先着 強めに追う(-)
12/3/18(日) 助手 栗 坂路・重 60.7 - 44.6 - 29.4 - 14.5
アドマイヤブルー(三オープン)馬なりと同入 馬なり余力(-)
12/3/21(水) 助手 栗 坂路・良 53.3 - 38.8 - 25.3 - 12.7
アドマイヤサガス(古1600万)一杯に0.2秒先行0.4秒遅れ 一杯に追う(-)
12/3/25(日) 助手 栗 坂路・重 58.0 - 42.9 - 28.4 - 14.4 馬なり余力(-)
12/3/27(火) 助手 栗 坂路・良 60.5 - 45.5 - 30.4 - 14.9 馬なり余力(-)
12/3/28(水) 助手 栗 坂路・良 54.2 - 39.8 - 26.6 - 13.7
ラスカルトップ(三500万)一杯と同入 一杯に追う(-)
12/4/4(水) 助手 栗 坂路・不良 56.0 - 41.8 - 28.6 - 15.1
スペルヴィア(三500万)一杯に0.8秒先行0.2秒遅れ 稍一杯追う(-)

・RACE RESULTS・
12/4/7 福島 牝) 3歳未勝利 晴 良 芝1200M 2R 3枠6番 16頭6人気 6着 松田54kg 1:10.0(0.8) 上り34.9 464kg

***********************

先週デビューしたサファーガは6着。内容は悪くなかったと思います。
最後の末脚は良いものがありましたし、レースに慣れてくれば十分に勝てる馬だと感じました。
タキオン産駒だけに、脚元に注意しつつ次走以降に向かっていってくれればと思います。
アドマイヤマカディ09 120407 50.JPG
2012/4/7 橋田厩舎
posted by いっひ at 14:40| Comment(0) | アドマイヤマカディの09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月25日

サファーガも入厩

12/13 NF早来

週3回は屋内周回コースでハロン20秒程度のキャンター2400mの調整を行い、週3回は屋内坂路でハロン14〜15秒のキャンター調整を行っています。「いいですね。先週から14−14も取り入れた調教を開始していますが、それ以降も脚元や体調に不安と思わせるような面が出てこないのはいいことです。これまでじっくり来たわけですからこのあとも焦りはしませんが、しっかりと乗り込んでいって次の話をしていけるようにしたいですよね」(早来担当者)

12/20 NF早来

週3回は屋内周回コースでハロン20秒程度のキャンター2400mの調整を行い、週3回は屋内坂路でハロン14〜15秒のキャンター調整を行っています。「順調に来ていますね。コンスタントに乗り込んでいますし、坂路でのハロンペースも維持したまま乗り込みを行えています。まだ動きや体つきなどを見ると良化の余地がありますし、これからもコンスタントに乗り込んでいって徐々に具体的な話ができるようにしていければと思っています。馬体重は492キロです」(早来担当者)

12/26 NFしがらき

24日にNFしがらきへ移動しました。「トレセンへの入厩に備えて、こちらに移動してきました。到後してから熱発などはなく状態は安定していますが、まずは軽めの運動で環境に慣らしていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

1/10 NFしがらき

周回コースでハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「昨年末こちらに移動後、馬体を確認してから乗り出しています。脚元は安定していますが、疲れの出やすいタイプではあるので、しっかりとケアをしながら進めていきたいと思います」(NFしがらき担当者)

1/17 NFしがらき

周回コースでハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「先週末に軽い熱発があり、少しペースを落としました。今は乗り出せていますが、今週一杯は無理をさせず控えめの調教を行っていきます。脚元などは落ち着いており、体調が戻れば問題なく乗り込んでいけるでしょう。馬体重は499キロです」(NFしがらき担当者)

1/24 NFしがらき

周回コースと坂路でハロン18秒程度のキャンター調整を行っています。「熱発はすぐに治まったので、週明けからは坂路調教も取り入れています。脚元も落ち着いていますね。徐々にペースを上げて入厩に備えていきますが、もう少しこちらで調整していったほうがいいでしょう。まずはしっかり15−15を乗れるように進めていきます」(NFしがらき担当者)

1/31 NFしがらき

周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「先日の熱発の影響はなく、この中間は坂路でハロン15秒に近いところまでペースを上げることができています。まだ脚元が固まっておらず、疲れが溜まりやすい感じはありますから、しっかりとケアをしながら進めていきます」(NFしがらき担当者)

2/7 NFしがらき

周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っています。「この中間も、坂路ではコンスタントに終いハロン15秒ぐらいのところを乗っています。脚元に関しては疲れが出やすいようなので、しっかりとケアをしながら進めているところです。順調に乗り込めていますので、そう遠くない入厩を視野に調整していきます」(NFしがらき担当者)

2/14 NFしがらき
周回コースと坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行い、週1回は15−15を行っています。15日に栗東トレセンへ入厩する予定です。「明日の入厩が決まりました。コンスタントに15−15を乗れるようになってきましたが、脚元の状態は引き続き安定しています。トレセンの調教負荷がどう影響するかはなんとも言えないところですが、ここまでは順調に進められていますし、送り出す準備はできたと言えます。馬体重は495キロです」(NFしがらき担当者)

2/16 橋田厩舎

15日に栗東トレセン・橋田満厩舎へ入厩しました。16日は軽めの調整を行いました。「水曜日に無事入厩しました。今朝は環境の変化でちょっと緊張したのか軽くスクミのような症状を見せていたので、角馬場を中心として軽く体を動かしました。明日からは普通に乗り出していく予定です。まずはゲート試験合格を目標に進めていきます」(橋田師)

2/22 橋田厩舎

22日はゲート練習を行いました。「今朝は坂路を軽く上がってからゲート練習を行いました。先週見せていたスクミの症状はもうありませんが、ノドがゴロゴロ鳴るようになったので内視鏡で検査を行ったところ、DDSPとの診断でした。ノド鳴りではなく、若駒によく見られる一時的な症状ですし、様子を見ながら進めていきたいと思います。ゲートはまだ始めたばかりですが、今のところは問題なくこなしていますよ」(橋田師)

***********************

年末にNF早来からNFしがらきへ移動したサファーガ、その後も順調に進み、先週入厩しました。
入厩後にいきなりDDSPの症状が出たのは不安ですが、問題なく進んでいってほしいです。
牝馬のわりには馬格のある馬で、走ってくる馬だと思っていまので期待しています。
posted by いっひ at 13:49| Comment(0) | アドマイヤマカディの09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

徐々にしっかりしてきたサファーガ

サファーガ

10/11 NF早来

週3回は屋外周回コースでハロン20秒程度のキャンター2400mの調整を行い、週3回は屋内坂路でハロン16〜17秒程度のキャンター1本の調整を行っています。「調教はこれまでと同じようなメニューで、状態面は良くも悪くも変わらないといった感じです。徐々に気温が下がってきたこともあってか毛が長くなり、毛ヅヤはひと息。歩様は安定しているのですが、中身からパンとさせていくにはしばし時間が必要に感じます。これまでもそうでしたが、これからも焦ることなく地道にトレーニングを課していって、しっかりとした状態に持っていきたいですね」(早来担当者)

10/18 NF早来

週3回は屋外周回コースでハロン20秒程度のキャンター2400mの調整を行い、週3回は屋内坂路でハロン16〜17秒程度のキャンター1本の調整を行っています。「本音を言うとなかなかガラッと変わってこないですね。どこかが悪くて乗れないというわけではないし、これまでと同様の調教を課すことはできるんです。悪くはならないものの良くもならないというのが現状なので、今はしっかりと基礎を構築し、中身からグッと来るものが出てくるのを促す期間として、辛抱強く接していく必要があると思います。馬体重は514キロです」(早来担当者)

10/26 NF早来

週3回は屋外周回コースでハロン20秒程度のキャンター2400mの調整を行い、週3回は屋内坂路でハロン15〜16秒程度のキャンター1本の調整を行っています。「基本的に週3回は周回コースで、残りの3回は坂路で動かすようにしているのですが、この中間から坂路調教を行う際のハロンペースを少しだけ速めています。まだ内面からくる疲れが見え隠れしがちなところはありますし、脚元なども疲れやすいところがある馬ですが、少しずついいほうへ変わってきているようにも見受けられます。もちろん疲れが見られるようになれば無理はしませんし、今後の進み具合を見ながら臨機応変に考えていければと思っています」(早来担当者)

11/1 NF早来

屋内周回コースでハロン18秒のキャンター2400mの調整を行っています。「この1週間は坂路を使用できないため周回コースのみでの調整を行っています。だからと言って不具合が生じるようなことはありませんし、坂路コースを使えるようになり次第もとの調教に戻していく予定ですよ。体質面の弱さが垣間見られることもありますし、脚元なども固まるまでには時間を掛けてあげたいのが本音ですから、じっくり動かしながらしっかりして来るのを待つような調整をしていくことになるでしょう」(早来担当者)

11/8 NF早来

週3回は屋内周回コースでハロン20秒程度のキャンター2400mの調整を行い、週3回は屋内坂路でハロン15〜16秒のキャンター調整を行っています。「坂路のメンテナンスが終わり、予定どおり先週末より坂路も併用した調教を再開しているのですが、特に変わりはなく順調に乗れていますよ。そうは言っても成長が遅い分、調教も一気には上げていけませんし、体質面はもとより肉体面がしっかりしてくるまではじわじわと進めて行かなければいけませんね。馬体重は504キロです」(早来担当者)

11/16 NF早来

週3回は屋内周回コースでハロン20秒程度のキャンター2400mの調整を行い、週3回は屋内坂路でハロン15秒のキャンター調整を行っています。「これまでは16−16から少し速くなって15−15というペースで坂路調教を行っていたのですが、この中間からは少し進めて登坂日は15−15を基調に乗っています。おおよそ1ヶ月につきコンマ5秒ずつ進めていくようなイメージを持っていましたから、いい形でここまで来ることができていますね。これからまたひと月の間このペースを保つことができれば、また次を考えていきたいですよね。毛が長く、見た目はまだまだなのですが、じっくり乗り込んできて下地が良くなってきている面がうかがえます。この調子ですね」(早来担当者)

11/29 NF早来

週3回は屋内周回コースでハロン20秒程度のキャンター2400mの調整を行い、週3回は屋内坂路でハロン15秒のキャンター調整を行っています。「15−15のところを継続して乗っていますが、体調も脚元の状態も変わりありませんね。体の格好も徐々にいいものへ変わっているように感じますし、この調子です。このあとも適度な負荷をかけていって次のステップを考えていきたいですね」(早来担当者)

12/6 NF早来

週3回は屋内周回コースでハロン20秒程度のキャンター2400mの調整を行い、週3回は屋内坂路でハロン14〜15秒のキャンター調整を行っています。「順調ですね。少し前までは速いところと言っても15−15を基調にしたものですが、この中間はもう一歩進めて14−14になるところも出すようになっているほどですからね。今日、穂苅ジョッキーが来場されたのですが、タイミングが合ってこの馬に跨ってもらったんです。感想を聞くと“しっかりしていますね。もうレースを走っている馬のようです”と言ってもらえました。じっくり時間をかけさせてもらったことで徐々にしっかりしてきましたし、その効果がようやく出てきたのかもしれませんね」(早来担当者)

***********************

あいかわらずNF早来で過ごすサファーガ、なかなか調子が上向かず書くこともない日々を送ってきましたが、ようやくしっかりしてきたようです。
次の更新あたりで移動の声が聞こえてくればいいのですが。

admiremcardy09_23.jpg admiremcardy09_24.jpg
2011/10/20 NF早来

アドマイヤマカディ09 111123 75.JPG
2011/11/23 NF早来
posted by いっひ at 17:51| Comment(0) | アドマイヤマカディの09 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。